黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


2019年08月 アーカイブ

こんにちは、管理人です('ω')ノ


スタートして間もない、長期不定期連載であるこのスタッフ紹介。

不定期でお届けしているため、やっと、やっとの4人目(笑)

自身の熱量を放出するかのごとく集中して書いているためか、この連載に関しては徐々にボリュームが・・・!

できればもっとスマートにまとめてみたいのですが、なかなかどうして(*_*;


本日もちょっと長めですが、よかったら最後までお付き合いくださいm(__)m





今回は、年始のブログ内で少し紹介していた、志賀が登場します!

20190817_162436.jpg

(初登場したブログはこちら→【2019.1.31記事~新しい冬。新しい風。】

Vol.1で登場した新卒の濱崎と同様、フロントの看板娘になりつつある彼女。


皆からは『シガちゃん』『ゆきちゃん』等と呼ばれています♪

湯めぐりや宿泊等で当館にご来館くださった方は、ご存知かもしれませんね( ^^)


いつも明るく、笑いの絶えない人柄。

旅館業という仕事に就いて、早半年。

日頃の生活や仕事観などについてお話していただきました('ω')ノ




管理人.先月、約半年に及ぶ研修期間を終え、晴れてひとり立ちとなりました(おめでとう!)
    いま担っている業務について簡単に教えてください。

志 賀.お客様のお出迎え、チェックインからチェックアウト、お見送りなどを行っています。
    フロントの業務だけではなく、朝・夕のお食事出しも担当しています。
    1日の仕事のなかにはお部屋の清掃もありますし、定期的に行う温泉の温度管理も欠かせません。


管理人.当初は冬季限定のアルバイトで始まり、今では正社員として御客屋を支えてくれています。
    都会での生活から、このような山奥で(良い意味で)腰を据えて働こうと思ったのはなぜですか?

志 賀.たしかに、はじめは3ヶ月の予定でした。でも働いているうちに居心地が良くなっていって。
    今も変わらず働きやすい環境ですし、御客屋で接遇を学んでいきたいと思うようになったんです。

A7_03927_1.JPG
歓送迎会でのひとコマ。女将や社長も含めて和気あいあいとした雰囲気が御客屋らしさです。


管理人.黒川温泉に来て、早7ヶ月が経ちますね。生活してみて良かったことや大変なことはありますか?

志 賀.良かったことは温泉がたくさんあって、休みの日に色んな温泉に入れること。
    自然(環境)もたくさんあるところです。
    大変だと思うのは、やはり少し田舎なので・・・
    コンビニやスーパーといった日常生活で必要なものを調達する場所に行くのが遠いことですかね。
    それと地元や関東方面の友人とすぐに会えないのが寂しいです。


line_144581215584156.jpg

line_144588900361132.jpg
ちょっと慌てんぼうなところがありますが(笑)今や誰よりもテキパキと動いています

管理人.ゲストハウスで働いていたり、海外での生活も経験しているそうですね。

志 賀.カナダに8ヶ月ほど滞在して、当時はファストフード店で働いていました。

管理人.ゲストハウスでの仕事と旅館業の違いをどのように感じますか?

志 賀.ゲストハウスでは、とてもフランク(フレンドリー)な対応でした。
    旅館では日本の『おもてなし』を感じて頂きたいので、そういった面で自身の切り替えが少し難しいです。

管理人.当時の経験は、いまどのように活かせていますか?

志 賀.日常会話程度の英語を話せるようになったことで、日本語を話せない海外のお客様対応には
    とても役立っていると感じます。カナダに滞在中はずっと英語環境にいたので、来日された海外のお客様が
    日本語を話せないことで感じる不安はとても分かります。
    自分の英語対応でお客様を笑顔にできた時はとても嬉しく、経験が活きているなと実感します。
    カナダでの生活、そこで出会った海外の友人やゲストハウスで交流した様々な国籍のひとたち。
    たくさんの出会いと経験から、日本の良さを改めて知ることができました。
    自分の感じたことを海外の方々に伝えていきたいです。


管理人.休日は登山や星空撮影など、とてもアクティブに過ごしている印象があります。
    黒川へお越しになる皆様へ、おすすめな場所などあれば是非教えてください♪

志 賀.これからの季節は、秋のくじゅう花公園にコスモスが咲くのでとても楽しみです!
    期間限定ですが、マゼノ渓谷の紅葉もすごく綺麗です。

    あとは、あまり知られていませんが黒川温泉からとても近い『小萩山(こはぎやま)』です
    そこにある、稲荷神社は縁結びの神様で有名なんです。
    阿蘇五岳も眺められるロケーションも最高のおすすめスポットです!

 ★【くじゅう花公園 ホームページ】

 ★【小萩山~夕暮れウォーキング 2018.10.17記事】

1566012375950.jpg
先日は登山に挑戦したようで真っ赤に日焼けして帰ってきました!


管理人.日々の旅館でのしごとで、今なにを大切にしていますか?
    この先のご自身の目標やテーマがあれば教えてください。

志 賀.いまは研修期間が終わって間もないので、まだまだ至らないところがありますが
    御客屋にまた来たいと思っていただけるような接客を心掛けています。

    日本の文化である『おもてなし』をもっと極めて、お客様に実感していただけるようがんばりたいです。


A7_03652_1.JPG

スタッフ紹介vol.4いかがだったでしょうか?

彼女に関しては、英会話が堪能であるということも勿論ですが
人間的な魅力が濃く、対話すればするほど面白みのある人物であると思います。

とても頼もしい仲間が増えたなぁと、書きながら感じていました。

当館にお立ち寄りの際は、ぜひ志賀にもお声がけください(*^^*)


次回スタッフ紹介もおたのしみに・・・♪


管理人 白水

こんにちは♪


日差しのきつい日が続いています"(-""-)"!!!
猛暑の地域も少なくありませんが、みなさま体調を崩されていませんか?


学生の方々は夏休み中ですね☆

温泉街にはお子様づれの方々が増え、賑わいが増しています♪


蝉の鳴き声が温泉街の隅々にまで響き渡る今日このごろ。



さて、先月後半から新たに夏イベントが始まっております☆

【星空鑑賞ツアー】

年間を通じて、夜空がとてもきれいなここ黒川温泉。
天候が良い日には温泉街や各宿からも、ふと見上げれば満点の星空が見られます。


1563678047060.jpg

温泉街から車で10分(自転車で約30分)ほどで行ける平野台展望所(※詳細はこちら)にて行われます。

黒川温泉の標高約700mに対し、すこし登ったこの展望所は標高約900m。
阿蘇五岳を一望することができる絶景スポットで、別名を「恋人たちの丘」とも呼ばれています。

※阿蘇五岳(あそごがく)
 阿蘇山の中核をなす根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳などを総称した呼称です。
 「阿蘇山」として広く親しまれていますが、雲海に浮かぶ涅槃像がこの阿蘇五岳でもあります。

 ちなみに・・・
 2003年公開の映画『黄泉がえり』にて、阿蘇の美しい景色がロケ地として採用されています。


日中と夜で景色はガラッと変わりとても魅力ある場所です!
ツアーにご参加の折は、黒川の自然をお楽しみください(*^^*)


 日程   2019年7月22日(月)~8月9日(金)、8月25日(日)~30日(金)
 対象   黒川温泉にご宿泊のお客様限定(要事前予約)
 時間   20:00 ~ 21:00(集合時間 19:50)
 定員   各日25名


★黒川温泉観光旅館協同組合ホームページ★
【黒川温泉~星空鑑賞ツアー~】

1564972931242.jpg


ご参加、お待ちしております(*^-^*)

管理人 白水

こんにちは管理人です♪

お久しぶりのスタッフ紹介、やっと3人目に突入です!


今回はこの方('ω')

A7_03452_1.JPG

御客屋・わろく屋を取り仕切る総料理長、佐藤です!

当館での愛称は「ノブさん」

表舞台に出るのは大変苦手だそうですが・・・
交渉の末、なんとかご紹介できる運びとなりました(笑)




ことし43歳のお誕生日を迎えられ(おめでとうございます!)
年明けには第2子の誕生と、幸せいっぱい益々精がでているところ。

近況も含めていろいろと伺います!


20190720_225731.jpg

実は昨年の夏まで、少しのあいだですが御客屋を離れていたノブさん。

精密な仕事で手先を鍛えたり、他店で料理の腕を磨き御客屋に戻ってこられました!


管理人.昨年の夏、料理長として御客屋に復帰されましたが現在担っている業務内容を聞かせてください。

佐 藤.ざっくり言うと、御客屋と姉妹店わろく屋の料理を管理しています。
    「管理」というと堅苦しいですが、現状よりも良くするための「管理」と考えていただければ良いですね。


「幼い頃から料理をすることが好きだった」

ご本人いわく、気が付けば自然とこの道に辿り着いたと(*^-^*)

当館では、従業員の食事も毎日手作りなんです。

厨房のスタッフさん達がいつも美味しい食事を食べさせてくれます☆


管理人.一度は離れたものの、以前の御客屋からずっと携わっているわけですよね。
    当館や黒川温泉全体に変化は感じられますか?
    ご自身の目には御客屋、そして黒川温泉はどのように映っているのでしょうか?

佐 藤.昔の御客屋は、料理がメインというよりも温泉旅館というイメージでした。
    現在は、自分たちが力を入れている料理(会席)が少しずつ
    お客様から良い反応、お言葉をいただけるようになったと感じています。
    3年前の熊本地震から、黒川温泉全体は本当に頑張っていると思う。


管理人.料理長になられて、悩みや戸惑いはありますか?

佐 藤.そういったものは毎日感じています。
    それがなければ、いい仕事、いい料理長にはなれないのかなと思っています。


20190721_103200.jpg


管理人.年始には今年の抱負として「大切な事を皆に精一杯つたえていきたい」とおっしゃっていました。
    今年も残り半分を切りましたが、手応えはいかがでしょう?
    また、この先に向けての考えや想いがあれば聞かせてください。

佐 藤.自分が知っている【料理】のことが、若い子たちに少しは伝わっていると思います。
    自身もまだまだ勉強していきながら、この御客屋と黒川をもっと盛り上げていきたいです。

20190723_122400.jpg

当館のスタッフは20~30歳代、50~70歳代のスタッフが主体で構成されています。
いってみれば、祖父母と孫にあたる世代です。

自然とお互いに助け合いながら旅館でのしごとに携わっているのですが
ちょうどその中間年齢層にあたるのが、料理長のノブさんです。

従業員の数は20名を超えており、人間同士なので当然いつも順風満帆ともいかないのですが(笑)

そんな場面でうまく間にはいったり場を和ませてくれる、とても機転のきく方だと思います。


料理をつくる時にも、いろんなアイデアや戦略がノブさんの頭をぐるぐると巡りながら
調和も大切にして腕を振るっていることでしょう。


お泊りの際は御客屋の会席料理をお楽しみいただき・・・☆

そして姉妹店わろく屋にご来店の際は美味しいカレーを是非召し上がっていただきたいです♪


ちょっと宣伝臭くなってしまいましたが・・・!

次回のスタッフ紹介もお楽しみに('ω')ノ


本日も拙い文章ですが、最後までご覧いただき誠にありがとうございました!


9月の黒川温泉ナイトマラソンに出場することになった管理人、白水がお届けしました。

ご参加のみなさまと楽しく25km走り切りたいです♪

ページ先頭へ