黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


こんばんは!
今年の3月に退職した白水に引き継ぎ、私濱崎がスタッフ紹介をして参ります!
お時間があるとき、ご覧ください~(^^)

今回、7番目に紹介させていただくのは・・・
大先輩の御厨(みくりや)さん。
みんなからは、「みくさん、みっくん、みくりん」といろんなあだ名で呼ばれています(笑)

早速、質問をしてみました!!

Q1 勤めて何年になりますか?
A1 14年目になります。

Q2 仕事をしている中で楽しみはなんですか?
A2 みんなの楽しそうな笑顔を見ることです。
旅館の仕事は毎日同じ事の繰り返しが多いのですが、お客様への接客の仕方は毎日違います。
人間それぞれに個性があるように一人一人に合う接客を考える事はとても大変です。
失敗して落ち込む時もたくさんありますがその度にみんなに助けられてきました。
そんな自分が今では一番の古株となり今度はみんなを支える側となりました。
いろんな話を聞き、時には自分の体験談を話す事によりみんなが前向きに仕事に取り組もうとする姿を見ると私も元気が出るし楽しい気持ちになります。

「いつの日かの仕事中のみくさんをパシャリ」

Q3 休みの日は何をしていますか?
A3 掃除をしていることが多いかなぁ?と思います。
私は仕事の日は一切家事をしていません。
めんどくさがり屋で何事も一気に片付けたいので休みの日に掃除、洗濯、ゴミ出しから買い物などをすべて終わらせるようにしています。そのため趣味と言えるものがなく長年自分の趣味探しをしています。

「一昨年の夏、温泉街のいろり家にて~」

Q4 コロナ禍になり2年、どんな事を思いますか?
A4 コロナが始まってすぐの頃はマスクになれるのがとても大変でした。
私は目が悪く常にメガネを掛けているのですが、お客様と話をしている際に眼鏡が曇って見えなくなる事がよくありとても大変でした。
それからコロナになってから特に気をつけるようになったのが体調管理です。
私は基礎体温が低く毎年風邪、インフルエンザなどにかかっていました。
万が一コロナ感染すると自分自身だけでなく旅館の営業にまで関わってくるので検温、消毒などはこまめにするようにしています。
お客様の中には「私の住所は感染者が出ているところなのですが行っても大丈夫ですか?」とお気遣いいただき、尋ねられるお客様もおられます。
「当館では検温、消毒などの感染症対策をしているのでご安心してお越しください。」とお伝えしておりますが、前々から旅行を楽しみにしておられたお客様がやむなくキャンセルをされることは少なく有りません。一日でも早く誰もが楽しんで旅行できる日が戻ってくる事を願っています。

「黒川10年勤続ピンバッジ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一見、静かで大人しそうなイメージがあるみくさんですが、
休憩時間に驚かしてきたりする一面もあれば、
毎年必ずホワイトデーには、従業員全員に高級チョコレートをくれたり、
毎日お客様の半纏・フリースなどを洗濯・乾燥・綺麗に畳むところまで徹底してくださる家庭的な一面もあります。

私はせっかちなところがあるので、2年前の入社時はよく仕事中バタバタしてることが多かったです。
自分が慌てふためいてるときに、みくさんをチラッと見るとなんだか「落ち着こう~。」という気持ちになります。
個性あふれる御客屋スタッフ。
スタッフ間で、意見の食い違いが時々ありますが、
ミスや修繕点をうまく補ってくれる先輩方がいてよかったな~と思い出すほうが多いかなと思います。
私も後輩ができ、「教える」ことの難しさを学びました。
時間を割いて教えてくださり、且つ成長もさせていただいた上司や先輩には感謝の気持ちでいっぱいです。
みくさんに続き、後輩を支えられる人材になれたらいいなと思います。

~秘宝写真 入社1年目二十歳のみくさん~

拙い文章ですが、ご拝読いただきありがとうございました。
次回のメンバーもお楽しみに・・・(^^)/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.okyakuya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/667

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ先頭へ