黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


2021年02月 アーカイブ

こんばんは。
いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

以前湯巡りは、
【午前】 男性:姫肌の湯、古の湯  女性:代官の湯
【午後】 男性:代官の湯      女性:姫肌の湯、古の湯
でご案内いたしておりました。

2月の上旬より、勝手ながら湯巡り案内を改定致しました。
「月・水・金・土」

「火・木・日」

現在は、新型コロナウイルス感染症防止対策のひとつとして人数制限を行いながら8:30~21:00(20:30)まで湯巡り受付しております。


先週は最高気温が氷点下でしたが、今週は最高気温が20度前後と春日和です。
気温の変化にお気をつけ、ご自愛ください。

フロント:濱崎


皆さまこんにちは。

先の大きな地震では、大事なかったでしょうか。
関東・東北方面は大きな揺れで余震が続いている地域もあるかと存じます。
不安な時をお過ごしの方もいらっしゃるかもしれません。
いまもし当館ブログにお立ち寄りいただけたのなら、少々ゆるい文章で少しでも気を緩められる時間になればと思います。


本日は全国的な寒波で、黒川温泉では再びの積雪。
明日までの2日間は終日マイナス気温の予報です。
お越しの際は車の装備含め、これでもかというぐらいの万全な防寒対策でお願いいたします。

IMG_20210112_075907.jpg

さて。

実は本日、管理人ブログは最終回(唐突!)

緊急事態宣言の再発令もありご挨拶できなかったお客様も多く、心苦しいのですが。

このたび黒川温泉を離れ、あたらしいチャレンジの旅に出かけます。

20190217_090622%20%281%29.jpg
一昨年のいまごろは熊本復興マラソン、筋肉痛も一緒に思い出すほど懐かしい(笑)


標高700m、人口4000人にも満たないの里山での生活は潔いほど仕事と私生活の垣根がなく、一歩そとに出れば宿の仲間や温泉街で働く人々に会い、知らない人もいつのまにか顔見知りになっている良い意味で面白みのある時間でした。

20190904_095401_1.jpg

20190913_094409.jpg

日々の中心には温泉をはじめとする自然の恵みがあり、最初の頃こそ1日の終わりに浴びる温泉に「あ゛~~最高」と漏らしていましたが人間は慣れてしまう生き物!

時々しっかり汗をかいて、温泉のありがたみを忘れないように自分に喝をいれる日々でもありました(なんだかごめんなさい笑)

早速3年以上ぶりに自宅で風呂に湯を溜めるという行為に戸惑いながら、365日温泉生活への感謝が押し寄せてきます。

20190305_123334.jpg

昨年の長い長い自粛期間には毎朝10Kmランニングで温泉街周辺を散策する時間もでき、知らなかった場所の発見や名も知らぬ野花に癒されたりと遅咲きの発見もありました。

20190403_175753.jpg

少々名残惜しい気持ちもありますが「今だ」っていう時、誰しもありますよね。

絶賛コロナ禍ではありますが、様々なご縁に恵まれて新しい道を歩むことにしました。

20200116_133639.jpg


毎朝きこえる野鳥の鳴き声

満点の星空

絶え間なく湧き出る源泉のにおい

宿に響くお客様のたのしそうな笑い声


厳しい自然のなかで過ごす愉しくおもしろい時間はあっという間。

環境に順応する能力が異常に高いわたしなので(自称です)きっとすぐに都会の生活に慣れてしまうと思いますが。
季節が変わるたび、黒川温泉のことが心をよぎるのだろうなぁと感じます。

IMG_20210205_181643.jpg

IMG_20201227_093737.jpg

IMG_20201218_111616.jpg

今日はひさしぶりの雪。

きっといまごろ、温泉街は真っ白になり開催中の湯あかりがきれいなことでしょう。

未だ緊急事態宣言の地域にお住いの方も多くいらっしゃると思いますが、落ち着きましたらぜひ黒川温泉へ遊びにいらしてください(^^)

今季の湯あかりは5月末までの長期開催となっており、冬の道路状況を懸念して来れなかった皆様にもたのしんでいただけます!


当館ホームページはまもなくリニューアル予定で、新たなブログ管理人は濱崎に☆

今後も地域に根差した情報発信をおこなってまいりますので是非ご覧ください!

【黒川温泉 2021年湯あかり】https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yuakari/

【黒川温泉 採用情報サイト】https://www.kurokawaonsen.or.jp/recruit/

【次の百年をつくるあか牛 “つぐも” プロジェクト】https://www.kurokawaonsen.or.jp/free/free.php?intFreeKey=258&intKKey=3

【黒川温泉 公式オンラインストア】https://kurokawaonsen.stores.jp/

FB_IMG_1530802160144.jpg

それではみなさま。長々とご拝読いただきありがとうございました!
文章能力の上達は乏しく読みづらいことも多々あったかと存じますが「黒川温泉おもしろそう」「次の旅行先に」「温泉入りたい~」等々すこしでもこの土地の魅力が伝わっていれば嬉しいです。
まもなく創業300周年を迎える御客屋の展望をこれからもご一緒におたのしみください♪

またいつか、どこかで(^^)


管理人:白水

皆様、こんばんは。
休館日のお知らせです。

御客屋   15日(月)、16日(火)、18日(木)、19日(金)
わろく屋  15日(月)、18日(木)、19日(金)

休館日は日帰り入浴もできかねますので、予めご了承ください。
ご来館を予定されていたお客様には心よりお詫び申し上げます。

休館日開けの日帰り入浴は、12:00~21:00まで(最終受付は20:30)お入りいただけます。
わろく屋は、11:00~17:00まで(ラストオーダーは16:00)営業しております。
皆様のお越しをお待ちしております。


フロント:濱崎

皆様、こんばんは。
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

毎年11月末頃から、ご宿泊されるお客様だけにお配りしている「黒川温泉のカレンダー」。
本来であれば1月上旬頃にはなくなってしまいます。

ですが、今年はコロナ禍でお客様が激減しているため未だに残っております。
当館では今年のみ、宿泊されるお客様だけでなく、日帰り入浴(8:30~21:00)に入りに来られた方や、売店お土産(8:30~21:00)を購入しに来られた方もお持ち帰りいただけるようフロントに置いております(数は限られております)。
2021年黒川温泉カレンダーは、特に女性様が喜ぶような可愛い柄です。
旅行の記念、思い出にいかがですか??



フロント:濱崎

こんばんは。

先週の休館日に、ロープレーションを兼ねた館内宿泊研修を行いました。
自分に足りないところを指摘していただいたり、先輩方の接客しているところをじっくり学べた貴重な時間となりました。また、夕食朝食ともに非常に美味しく改めて感動しました。

当館は、自分の主な職務(フロント、接客、温泉管理など)がスタッフそれぞれありますが、私達の間で「マルチタスク」という言葉を意識して仕事をしています。メインはフロントを担い、定期的に接客や姉妹店のカフェを務めることがあります。メイン以外の持ち場の職務を知っておくと、急遽小手として入ることができたり、そこの持ち場でしかわからない情報をお客様にお伝えすることができるので非常に自分の価値になります。

今回の研修で、仕事中は「職場」という気持ちが大きいですが、そのときに限り「旅館」という香りがして気持ち良い滞在ができました。
お客様がお越しいただくきっかけは、「黒川で1番古い旅館だから」「ネットで1番上にでてきたから」「記念日・誕生日だから」「非日常を味わいたいから」など様々な理由があると思います。お客様が仰らなくても気持ちが読み取れるような人材になれるよう、今後も精進してまいります。


フロント:濱崎

皆様、こんばんは。
立春を迎えましたが、まだ余寒が続きますね・・・。

本日お伝えしたいことは、タイトルにも記載している通り!なんと!!
当館御客屋が、
” マイトリップ2020年 全国のクチコミで人気の温泉旅館ランキング12位 ”
リンクはこちら→ https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/popular-onsen-hotel/?l-id=Mytrip_Contents_01#12c
にランクインしました!まずは、宿泊してくださりクチコミを書いてくださったお客様に感謝申し上げます。

そして、このコロナ禍において全国民が大変厳しい状況のなか、各地より多くのお客様にお越しいただきました。
やむなく宿泊を断念された方からは、嬉しいお手紙やお電話が届く機会が増えました。
「元気ですか?今年は行けないけど来年はコロナ終息してること願ってます!」「直近のキャンセルをしてしまいすみません。コロナが落ち着いたら必ず伺います!」など。
一番多かったのは「コロナ禍になり、人のあたたかさを感じたときに思い浮かぶのは御客屋さんです」とのお手紙でした。

チェックアウトの際に「こんな時代で大変ですが頑張ってくださいね」とのお言葉や置き手紙もよくいただきます。

私達スタッフがお客様に笑顔を与える側が、逆にお客様から励まされ笑顔になっています。
このようにランクインしたこともお客様がいてこその結果です。本当に心より御礼申し上げます。


まだまだ新型コロナウイルスの終息がみえませんが、「あの頃は・・・」と話せる日が一日でも早くなることを祈っております。

フロント:濱崎

ページ先頭へ