黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


2021年01月 アーカイブ

先日のブログhttp://www.okyakuya.jp/blog/2021/01/post_488.htmlで、1月の休館日のお知らせをいたしましたが、

御客屋  1月30日(土)休館日→営業
わろく屋 1月29日(金)營業 →臨時休業

変更いたします。

コロナ禍の中なので、「お食事処は大広間なのかな・・・」「部屋にお風呂は無いみたいだけど大浴場以外に貸切風呂はあるのかな・・・」とのお声をよくいただきます。
お食事処に関しましては、通常は大広間でご準備しております。ですが限定販売で、朝食夕食・完全個室プランをおだししております。(設定のない日もございますので予めご了承ください)
貸切風呂に関しましては、予約制ではございませんので札が空室中且つ内鍵が開いていればご自由にお入りいただけるシステムとなっております。
適宜、コロナウイルス感染防止対策もしておりますので非日常生活を当館でゆっくりお過ごしください。

皆様のお越しをお待ちしております。

フロント:濱崎

こんばんは。

寒暖差の激しい毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
黒川温泉周辺は、ようやく雪が溶け、悲しいような嬉しいようなそんな気持ちです。

皆様も御存知の通り、先日よりあちこちで緊急事態宣言が発令されております。熊本県も独自の緊急事態宣言が発令されたことから、1月14日から2月7日までの期間お客様が0数になった時点で休館日とさせていただいております。現時点(1月18日時点)での1月の休館日のお知らせです。

御客屋 休館日
19日(火)、21日(木)、27日(水)、28日(木)、30日(土)、31日(日)

わろく屋 休業日
28日(木)

ご来店、ご来館を予定されていたお客様には大変ご迷惑をおかけいたします。
(※休館日、休業日が増えることもございます。その際は、追ってご連絡致します。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------
こ・こ・で・・・!!

期間限定で1泊朝食付きプランをご予約されたお客様に嬉しい情報です!

普段はすぐ完売してしまう 姉妹店わろく屋の10食限定 「特選 あか牛重」を夕食として館内でお召し上がりいただけます!
別注2,300円(税込)にて、わろく屋と同価格でご提供いたします。(※お食事処はおまかせとなります)

もともと、黒川温泉で夜ご利用いただけるお食事処は数店舗しかございません。
緊急事態宣言発令に伴い、時短営業・休業する店舗も増えてきました。

折角、黒川温泉にご宿泊いただくからには・・・!
熊本・阿蘇ならではの「あか牛」をお召し上がりいただきたく新たな限定プランとしてご提供いたします。

IMG_20200531_212833_255.jpg
// 食べてって~~ \\

お酒が好きな方は、客室・食事処に種類豊富なドリンクメニュー表を置いておりますので
フロントにお電話いただければお持ち致します。

ご予約に関するお問い合わせはこちら 0967-44-0454(午前8時から午後8時まで)
皆様のご予約をお待ちしております。

フロント:濱崎

わろく屋 御客屋

2021,01,06

体験を磨く

こんにちは!管理人です。

お正月も終わり、みなさまも年始のお仕事に取り掛かっているのでしょうか。

先日は休館日をいただき、スタッフそれぞれ心身の慰労に時間を取ることができました。


例年とは大幅に異なる黒川温泉の年末年始。


可能な限りお客様同士の接触を減らす部屋割りや密にならない空間づくり、料理の構成も工夫を凝らし
ご滞在を楽しんでいただく準備を整えて皆様をお迎えすることができました。

また、令和2年から屋内禁煙の法改正を受け、喫煙をされる場合には駐車場横の東屋をご利用いただいておりますが
毎年当館で年越しをされる様々なお客様との会話で思わぬ発見があったんです。

「部屋で喫煙ができなくなった分、毎年見かけるお客さんと喫煙所で初めて会話したよ」
「話してみたらすごく気さくな人で、外でのタバコは寒くてちょっと面倒だけど悪いことばかりじゃないね」

そんなお話をきいてハッとしました。
そして、すこしまえ手に取った書籍を思い出しふたたびページを開いたのでした。

『旅の効用 人はなぜ移動するのか』草思社出版 ペール・アンデション著 
IMG_20210102_150745.jpg

知人の営む書店で買い求めた本書。
読了してからしばらく胸に残っていた項目がありました。

IMG_20210102_150146.jpg

様々な業界で、繰り返し利用してくださる方を「リピーター」と呼ぶことがありますが、当館でも回を重ねてご利用いただくお客様を同様に呼称します。

食べ物の苦手やアレルギーの把握は元より、必要な備品や好みのなど回を重ねるごとに分かることもありますし
結婚や出産を経て家族が増えたり、3世代に渡りご利用いただいている方もいらっいます。

どうしてここまでリピーターが多いのか・・・
入社当初は仕事を覚える事で精いっぱいな日々のなかぼんやりと感じていたことでしたが、徐々にわかってきたことがありました。

1609770550295.jpg

当館では、多数いただくクチコミのお返事にも書いておりますが古い木造家屋で設備面でも至らない点が多いため
「おもてなし」に重点を置き、不便さを少しでも和らげられるような接客や料理を心掛け日々を営んでいます。

客室13室と決して大人数を受け入れられる規模ではないのですが、そうした積み重ねに呼応するように
ひとり、またひとりと、宿自体にお客様がついてきたのかなと(個人的にですが)そう感じています。

もちろん歴代含めスタッフも個性豊かで、提供できる話題も個々の得意な分野でお話をさせていただいたり
スタッフの数だけ視点も多様で、ベースはありながら場面ごとで臨機応変な対応ができることも強みかもしれません。

1609770553944.jpg

ただ何より、冒頭に書いたお正月の会話で感じたのは

・同じ場所への再訪は、実は最初の旅の続編であること
・同じ場所を何度も訪れる事で新たな発見をし、体験を(深めて)磨いている

リピーターであるお客様に共通していることは、主にこの部分を楽しんでいらっしゃるからではないかと
読了後もずっと残っていた欠片が結びついた出来事でした。

同じ宿やホテルを何度も繰り返し利用するという行為は、もしかすると共感者は少ないのかもしれませんが
行きつけの居酒屋やカフェがあるように、そこへ通う理由が「人」であったり「景色」や「食」であったり
リピーターになることで偶発的な出来事も含め自身の体験を深めたり磨くことも、とても有意義なことかもしれませんね。


と、長くなりましたが。

正月からみかん片手にパソコンと睨めっこしている管理人の雑記としてお届けしました!

よかったら2度3度と黒川温泉へ再訪いただき、そして当館へも遊びにいらしてください。

今年もたくさんのお客様とお逢いできることを楽しみにしています♪

管理人:白水

わろく屋 御客屋

2021,01,03

銀世界

お早う御座います。

厳しい寒さに見舞われた年越し・・・
降雪、積雪の中車を走らせるのが初めてだった方も少なくないのではないでしょうか。
銀世界のドライブは言葉に表わせないほど感動致します。

新年早々、休館日のお知らせです。
明後日1月5日(火)は、休館日とさせていただきます。
休館日は終日日帰り入浴もできかねますので、予めご了承ください。
来館を予定されているお客様には大変ご迷惑をおかけいたします。

今週末より、また気温がグンと下がり最低気温マイナス10度前後の日が続くそうです。
姉妹店わろく屋は通常営業しておりますので、是非あたたかい服装でいらしてください。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

フロント:濱崎

わろく屋 御客屋

2021,01,01

生きて踊ろう

新年、あけましておめでとうございます。

大晦日に降り積もった雪が溶けきらないまま、元旦を迎えました。

IMG_20201231_135200.jpg

今朝の気温はマイナス5度、来週はマイナス10度以上の寒波が押し寄せてくる予報です・・・(((((;゚Д゚))))

黒川温泉へご来訪予定の皆様には、ぜひ万全の防寒対策でお越しいただきますようお願い申し上げます。


さて、昨年末から短期連載(のような感じ)でお届けしたスタッフそれぞれの『振り返りと抱負』
年は明けましたが、あと2名ご紹介したい人がいますので早速お届けしてまいります。


【御客屋 女将・七代目御客番】
IMG_20201231_135113.jpg
左から、女将の橋本、社長の北里です。

<七代目御客番 北里有紀>
昨年は世の中で思わぬことが起こり「立ち止まる」「見直す」を繰り返し
宿の存在意義について考え続けた1年でした。
2021年は次の年に迎える創業300年に向け、改めていろいろな方々と
「ご縁を紡ぐ」ことを大事に動きたいと思います。

<女将 橋本栄子>
昨年は経済的には非常に厳しく打撃を受けましたが
たくさんの事を見直し整理整頓もでき、スタッフ全員が成長した一年でした。
今年の抱負は、令和2年で計画を立てたことを実行し
より多くのお客様に健康と共に楽しんでいただける御客屋へと邁進していきます。


FB_IMG_1608824399860.jpg


ありとあらゆる業界がコロナ禍に翻弄された2020年。

先の見えない長く不安な日々でしたが、宿のトップである二人が営業再開することを諦めなかったこと
なによりお客様からの激励が「まだまだ負けないぞ」という気持ちにさせてくれました。

皆さまも大変な時期であったにも関わらず沢山の応援をいただいたこと、心よりお礼申し上げます。


いつも通う店を懸命に守り抜いてくれた人

コントや漫才で腹の底から笑える時間を届けてくれた人

「生きて踊ろう、生きてまた会おう」と音楽で励ましてくれた人


とんでもない一年でしたが、みんなが必至に生きた2020年に感謝して
それぞれの場所で重なり合い新しい一年を生きていきましょう。

これからも黒川温泉を楽しんでいただけるよう地域に根差した情報発信に努めてまいります☆

今年もどうぞよろしくお願いいたします(#^^#)


管理人:白水

ページ先頭へ