黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


みなさま、こんにちは。

12月24日、25日ご宿泊のお客様には、毎年恒例クリスマス限定の手作りケーキをご提供させていただきました♪
サプライズでしたので驚かれたと思いますがお楽しみいただけていれば幸いです・・・♪

今年お泊りになれなかった方は、ぜひ来年リベンジをお待ちしております・・・!


賑やかなクリスマスも早々に終わり、もう年の瀬ですね。

館内の生花がすこしお正月っぽくなってまいりましたよ。

IMG_20201225_232927.jpg

お正月といえば、門松!
黒川温泉の各旅館前にも徐々に出揃いはじめています。

当館にもまもなく登場しますのでお楽しみに・・・♪

また、先日のブログでもお知らせしましたが12月19日より『湯あかり』が開催中です。

☆黒川温泉公式HP『湯あかり』 https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yuakari/

周辺地域でも一部点灯しており、黒川温泉のある南小国町役場にも出現していました。
日暮れから22:00まで開催しておりますので、密を避けて周遊しながら、やわらかい灯りをお楽しみください♪

IMG_20201225_213115.jpg


それでは、先日より掲載のスタッフそれぞれが思う『今年の振り返りと来年への抱負』をお届けします。
今回は姉妹店わろく屋のお二人です~。

【姉妹店・わろく屋】
IMG_20201220_221636.jpg
御客屋・わろく屋で使用する野菜づくりと接客を兼任する畠山、わろく屋の厨房を担当する山口

<畠山>
熊本県産のレモンを使用したレモンスカッシュやサワーがおいしいものに仕上がり、多くの方に楽しんで頂いました。
次年は自家製ジンジャーエールを作るため、しょうが作りから頑張っていきたいです。
また今年は、黒川温泉での旅館からでる食品残渣を活用した堆肥作りに参加させていただき、堆肥の作り方だけでなく考え方も学ぶことができました。
わろく屋での目標に加えて、この堆肥を活用した野菜づくりに取り組み、みなさまに楽しんでいただけるものを提供していきたいです。

<山口>
今年はコロナという大変な時をみんなで乗り越えてきました。
わろく屋にもたくさんのお客様が食事に来ていただき、ありがとうございました。
また来年も「黒川温泉に行ってわろく屋で食事をしよう」と言ってもらえるよう努力していきたいと思います。




明治期の古民家を移築した御客屋旅館の姉妹店 Restrant&Cafe わろく屋。
内装の一部に石畳の床や薪ストーブがあったり、照明もレトロでこだわり満載の店内。
ゆったりとしたジャズが流れ、熊本名産の『あか牛』を使用したカレーやステーキライスをお召し上がりいただけます☆

現在は感染症対策のため座席数を減らし営業しておりますが、時折メディアに取り上げていただく機会にも恵まれ
特に1日限定10食の『特選あか牛重』を求め多くのお客様にご来店いただいております。

また、畠山(通称しげちゃん)が参加した食品残渣から行う堆肥作り。
黒川温泉では、限りある資源を大切に、地域で資源を循環させる仕組みづくりを行っています。

☆黒川温泉公式Facebook『黒川温泉で堆肥作り』 https://www.facebook.com/kurokawaonsen/posts/3765656186830140

地域が皆様に愛されこの先もずっと続くように、多種多様な取り組みが実施されていますよ!
そんな温泉街の中心に佇むわろく屋。
お越しの際は、この土地でしか味わえない料理を存分にお楽しみください・・・☆


それでは、わろく屋の接客にもごく稀に登場している管理人がお届けしました!
次回は当館に欠かせない大切なスタッフをご紹介します(^^♪


管理人:白水

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.okyakuya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/644

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ先頭へ