黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


2020,06,22

花の海

こんにちは♪

梅雨入りはしたものの、雨の日はまだ少なく。

きのうも今日も、すっきり青空が広がっています!


すこし前ですが、5月中旬~6月上旬
阿蘇一帯やくじゅう連山ではミヤマキリシマが見頃を迎えていました。

ミヤマキリシマとはツツジの一種で、九州各地の高山に自生しています。

この時期は例年、ピンク色に染まった山を目指して遠方からたくさんの登山者が訪れます。


県境を越えることがまだ難しかった5月下旬、おとなり阿蘇市で登山してきました。

今年は山に登れずに肩を落としていらっしゃる方も多いと思うので
きょうはスタッフ日記として、阿蘇のミヤマキリシマをお届けします(#^^#)

IMG_20200529_112432.jpg
腰の高さほどの低木で枝先に小ぶりの花をつける

IMG_20200529_114834.jpg
草千里ヶ浜の駐車場へ車を停め、まずは烏帽子岳から

IMG_20200529_113739.jpg
白い建物(火山博物館)がある場所がスタート地点
向うにみえる山はこのあと登る杵島岳
途中お話しした登山者の方によると噴火のガスが影響し枯れるのが早くなっているそうです

IMG_20200529_114657.jpg
反対側には2016年におきた熊本地震の爪痕がのこります

IMG_20200529_135914.jpg
このまま杵島岳を攻めます

IMG_20200529_140607.jpg

IMG_20200529_143740.jpg

IMG_20200529_143241.jpg

景色は変わり、阿蘇山の火口周辺や米塚が一望できます

下山するころには乗馬体験でお勤めを終えた馬たちが草原に放たれていました
IMG_20200529_153536.jpg

IMG_20200529_104033.jpg

阿蘇には一年を通して沢山の草花が自生し、じめじめする梅雨時期も人の目を飽きさせない魅力があります。

お越しの際には是非、温泉とともに山の自然に触れてみてください・・・♪

阿蘇一帯は野生動物(タヌキやアナグマ、野ウサギも!)が道路を横断することが多々あります。
ぜひ安全運転でドライブをお楽しみください(o・ω・o)

本日は夏なのに手がカッサカサになる管理人がお届けしましたm(_ _)m

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.okyakuya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/615

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ先頭へ