黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


2019年09月 アーカイブ

こんにちは(*^-^*)


時たま、秋晴れの澄んだ空がひろがる黒川からお届けしています♪

まずは休館日のお知らせです。

10月10日(木) 御客屋・わろく屋 休館

【御客屋】
休館明け 11日(金)朝8時より、電話受付を再開いたします。
湯めぐりのご案内は、15時より受付を予定しております。

【わろく屋】
店休明け 11日(金)午前11時に開店いたします。

休館中のご来館を予定されていた皆様には大変申し訳ございません。
何卒よろしくお願い申し上げます(。-人-。)

IMG_20190913_130822_930.jpg

既にご存知の方も多いとおもいますが、来週末は年に一度の感謝祭が開催されます!

【黒川温泉 感謝祭】

★黒川温泉観光旅館協同ホームページ https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/kanshasai/

10月5日(土)は感謝祭を、6日(日)は大名行列の催しがございます。

各日のタイムスケジュールなどは、組合HPからご確認いただけます♪

地元の食材をつかった屋台あり!

世界農業遺産である吉原神楽あり!!

紅白餅投げや、青年部によるやまなみ太鼓の披露あり!!!

2日目に催される【大名行列】は地元有志によるもので、身分によって異なる衣装をまとい

江戸時代の光景をそのまま見ているかのような体験ができるでしょう♪

ぜひお越しくださいませ(#^^#)




先日、久しぶりに草千里に寄ってのんびり過ごしました。

大観望の近くでレジャーシートを広げ本を読んでいたのですが

気づけば2時間ほど居眠りしていたようで(笑)

こんな日もたまにはいいか~と秋の風にまかせてゆるく過ごしています。

阿蘇山の火口からもくもくと灰が沸き上がっていて自然のチカラを感じます!

20190929_093554.jpg
駐車場まえに乗馬体験の場所があります

20190925_141210.jpg
この日は南阿蘇方面へ灰が流れていました

20190925_144046.jpg
真夏の青々とした緑からすこしずつ黄金色になっていく草原


黒川へお越しの際は阿蘇の自然もぜひ楽しんでいかれてください♪

次回はスタッフ紹介Vol.6をお届けする予定です☆


管理人:白水

こんにちは!

先日発生した台風15号が関東方面を直撃し、各種交通機関はもとより大規模停電や断水が続いています。

該当方面にお住いの皆様、暑さ続く大変な日々を過ごしていることと存じます。

ニュースを耳にする限り、既に多くの機関、作業員の方々が尽力されている模様ですが
少しでも早くライフラインが復旧することを願うばかりです。


また、ここ黒川も連日の残暑に見舞われております。

台風の影響もあるのか、湿度が高くムシムシとした日が多いですが幸いあと少しの辛抱といったところでしょうか。

そんな黒川温泉から、久しぶりに長期不定期連載【スタッフ紹介Vol.5】をお届け致します(#^^#)

気晴らしに、ぜひお立ち寄りください♪





今回は、御客屋のお野菜担当、畠山茂くんに登場していただきます♪

彼の愛称はみんな共通で「しげちゃん」

実はVol.2で登場した畠山と兄弟で、彼の弟さんなのです。

20190912_130214_004_saved.jpg


管理人.いま取り組んでいることについて教えてください。

畠 山.日中は姉妹店『わろく屋』で接客をしながら、食前酒やシロップ作りをしています。
    食前酒は御客屋で使用するもので、現在は梅とレモンの食前酒があります。
    シロップはヨーグルトに合うものをつくるようにしていて、少しずつ種類を増やしているところなんです。
    作っているシロップは農園のブルーベリー、梅を中心に、国産レモンやイチゴなど。
    わろく屋で働いた日は御客屋に戻り、客室のお布団敷きや食器洗いをすることも。

    メインは畑仕事。挑戦しはじめて今年2年目になります。
    極力農薬を使わずに有機JAS(日本農林規格)に近い栽培方法に取り組み始め、試行錯誤しています。

    佐藤料理長【御客屋スタッフ紹介vol.3】・女将とこまめに話し合いをして
    厨房が使いたい野菜・生産者として使ってもらいたい野菜の相互提案をしながら作る野菜を決めています。

1568255118467.jpeg
当館では毎年、お客様に提供する朝食用の梅干しや、夕食用の食前酒を仕込んでいます。
メイン料理の脇に控えるこれらも、自家製にこだわって一から手作りするのが御客屋のモットーです。

管理人.この土地で農業に携わろうと思ったのはどういった経緯ですか?

畠 山.農業に出会ったのは、小国町に住む祖父の家庭農園から。
    大学では農学部を専攻し、基礎研究を行いJA(農業協同組合)に就職しました。
    JAで栽培や経営部門の仕事をしていくうちに、自分でやってみたい気持ちが強くなったんです。

20190907_141636.jpg
彼の祖父が築いてきた畑。
ここから始め、育てた野菜や果物を旅館で使ってもらい、お客様にはその土地のものを味わってもらいたい。

20190907_142928.jpg
赤ダイコンが秋にむけて成長中!畑では他にも多数種類の野菜を栽培中です。


管理人.御客屋でもわろく屋でも、しげちゃんの育てた野菜や果物をつかう割合がとても増えてきました。
    自分の育てたものがお客様に届くのはどんな心境なのでしょうか?

畠 山.実際に食べてくださる場は見られないけど、完食されたお皿を見ると嬉しいです。
    スタッフが料理の説明をする際、自家農園の野菜であることをお客様につたえてくれるので
    メインのあか牛や馬刺し同様に注目されていることが、自分のやる気になっています。

20190907_142257.jpg
この日は土をつくりハクサイの株分けなど

20190910_132638%20%282%29.jpg
水源が多く水がとてもきれい。どこを見渡しても広い田畑が広がっています。


管理人.これからの目標やテーマはありますか?

畠 山.1つは御客屋、わろく屋で使われる野菜をまかなっていくこと。
    まずは前菜やサラダを自家農園でとれた野菜を使ったものにしたいですね。
    現在は、化学農薬を使わずに栽培していますが、将来は有機JAS認定されるようにしたいんです。

    長期的には黒川全体でもっと地産地消できるようになればと考えています。

管理人.これからの季節、おすすめの野菜や調理法があれば是非おしえてください!

畠 山.秋ジャガ・秋ナスがとても美味しい季節になってきます。
    ジャガイモは、まるごと蒸してバターで!
    ナスは、まるごと姿焼きにしてポン酢で!(炭火焼きがとても良いですよ)

    冬は、ダイコン・白菜など、寒さにあたることによって甘味が増す野菜がおすすめです。
    あと肥後の赤鶏をつかった水炊きが美味しいです!
    ぜひ御客屋の鍋プラン(黒豚鍋、赤鶏鍋)で芯から温まってください。

20190913_094700.jpg
御客屋の専属カメラマン(愛用機はSONY)でもある彼の写真は御客屋・わろく屋のInstagramで☆



御客屋スタッフ紹介Vol.5いかがだったでしょうか?

森林や田畑、小国杉に適した土壌で咲く野草や水源など自然環境豊富なこの土地。

地元の方や自治体による環境整備などの手入れによって、この美しさが保たれています。

そして、穏やかな人柄と先を見据え自分の考えを持った、しっかりと芯のあるしげちゃん。

この環境に根を張っていく彼の姿は、なんだか必然のような気がしています。

時期によりますが、御客屋での野菜自給率は現時点で約6~7割。

少しずつこの自給率も伸ばし、より良い素材を皆様にお届けできるよう頑張ります(#^^#)

本日も最後までご覧いただき有難うございました・・・♪


管理人 白水

こんにちは♪

ご無沙汰しております(*^-^*)


今回は御客屋というより、黒川温泉全体のお知らせになりますが

この度「湯めぐり風呂敷」のクラウドファンディングが公開されました☆

全国の温泉好きの皆様へ届けたい!という思い。

更に、黒川温泉が実施している『プラスチックゴミ削減活動』のアクションの一つとして

2019年10月13日まで、CAMPFIREにて皆様からのご支援を募集しております!

この風呂敷は撥水加工した特殊な生地でつくられていて、厚手で更にしなやか、伸縮性も抜群。

地域に自生している野草があしらわれ落ち着いた色合いで、浴衣や着物との相性も良いです♪

この度の「湯めぐり風呂敷」にかけた熱い想い、ぜひ特集ページからご覧ください(*^^*)

★黒川温泉「湯めぐり風呂敷」クラウドファンディング詳細
 https://camp-fire.jp/projects/view/184209


ちなみに・・・


黒川温泉で湯めぐりといえば、いまではご存知の方も多くなった『入湯手形』

28箇所ある旅館の露天風呂の中から、お好きな3つの温泉をお楽しみいただけます!

黒川温泉で入湯手形の導入がはじまったのは1986年のことでした。

同じころ、地域住民の方々による景観づくりや共同資源の活動といった取り組も実施され

この大きく3つの取り組みが、現在の黒川温泉へと繋がってきたのです。

20190908_121634.jpg

入湯手形は町の特産物でもある小国杉で地域住民の方々によってひとつひとつ作られています。

3つ露天風呂めぐりを楽しんだあとも、温泉街にある地蔵堂で願掛けをしたり、記念として持ち帰るも良し

全旅館の露天風呂を制覇すれば旅館組合に名前が掲載され、更には記念品の贈呈もあったり☆

ご使用後の楽しみも入湯手形の良いところ(^^)/

これからも、より多くの皆様に黒川温泉を楽しんでいただきたいです♪

入湯手形に関する新たなキャンペーンもございますので、改めて告知いたします!


みなさまからのご支援、ご来訪も心からお待ちしております(*^^*)

20190906_173538.jpg

管理人:白水

ページ先頭へ