黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


こんにちは管理人です♪

お久しぶりのスタッフ紹介、やっと3人目に突入です!


今回はこの方('ω')

A7_03452_1.JPG

御客屋・わろく屋を取り仕切る総料理長、佐藤です!

当館での愛称は「ノブさん」

表舞台に出るのは大変苦手だそうですが・・・
交渉の末、なんとかご紹介できる運びとなりました(笑)




ことし43歳のお誕生日を迎えられ(おめでとうございます!)
年明けには第2子の誕生と、幸せいっぱい益々精がでているところ。

近況も含めていろいろと伺います!


20190720_225731.jpg

実は昨年の夏まで、少しのあいだですが御客屋を離れていたノブさん。

精密な仕事で手先を鍛えたり、他店で料理の腕を磨き御客屋に戻ってこられました!


管理人.昨年の夏、料理長として御客屋に復帰されましたが現在担っている業務内容を聞かせてください。

佐 藤.ざっくり言うと、御客屋と姉妹店わろく屋の料理を管理しています。
    「管理」というと堅苦しいですが、現状よりも良くするための「管理」と考えていただければ良いですね。


「幼い頃から料理をすることが好きだった」

ご本人いわく、気が付けば自然とこの道に辿り着いたと(*^-^*)

当館では、従業員の食事も毎日手作りなんです。

厨房のスタッフさん達がいつも美味しい食事を食べさせてくれます☆


管理人.一度は離れたものの、以前の御客屋からずっと携わっているわけですよね。
    当館や黒川温泉全体に変化は感じられますか?
    ご自身の目には御客屋、そして黒川温泉はどのように映っているのでしょうか?

佐 藤.昔の御客屋は、料理がメインというよりも温泉旅館というイメージでした。
    現在は、自分たちが力を入れている料理(会席)が少しずつ
    お客様から良い反応、お言葉をいただけるようになったと感じています。
    3年前の熊本地震から、黒川温泉全体は本当に頑張っていると思う。


管理人.料理長になられて、悩みや戸惑いはありますか?

佐 藤.そういったものは毎日感じています。
    それがなければ、いい仕事、いい料理長にはなれないのかなと思っています。


20190721_103200.jpg


管理人.年始には今年の抱負として「大切な事を皆に精一杯つたえていきたい」とおっしゃっていました。
    今年も残り半分を切りましたが、手応えはいかがでしょう?
    また、この先に向けての考えや想いがあれば聞かせてください。

佐 藤.自分が知っている【料理】のことが、若い子たちに少しは伝わっていると思います。
    自身もまだまだ勉強していきながら、この御客屋と黒川をもっと盛り上げていきたいです。

20190723_122400.jpg

当館のスタッフは20~30歳代、50~70歳代のスタッフが主体で構成されています。
いってみれば、祖父母と孫にあたる世代です。

自然とお互いに助け合いながら旅館でのしごとに携わっているのですが
ちょうどその中間年齢層にあたるのが、料理長のノブさんです。

従業員の数は20名を超えており、人間同士なので当然いつも順風満帆ともいかないのですが(笑)

そんな場面でうまく間にはいったり場を和ませてくれる、とても機転のきく方だと思います。


料理をつくる時にも、いろんなアイデアや戦略がノブさんの頭をぐるぐると巡りながら
調和も大切にして腕を振るっていることでしょう。


お泊りの際は御客屋の会席料理をお楽しみいただき・・・☆

そして姉妹店わろく屋にご来店の際は美味しいカレーを是非召し上がっていただきたいです♪


ちょっと宣伝臭くなってしまいましたが・・・!

次回のスタッフ紹介もお楽しみに('ω')ノ


本日も拙い文章ですが、最後までご覧いただき誠にありがとうございました!


9月の黒川温泉ナイトマラソンに出場することになった管理人、白水がお届けしました。

ご参加のみなさまと楽しく25km走り切りたいです♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.okyakuya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ先頭へ