黒川温泉 御客屋|創業三百年という最も長い歴史を持つ温泉旅館です


わろく屋 御客屋

2019,01,11

新年のご挨拶

20181231_140412.jpg

こんにちは☆
2019年、最初のブログ更新です!
大変遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。


まずは当館の七代目当主より皆様へ、ご挨拶させていただきます。


***************************************************


新年明けましておめでとうございます。

旧年中はご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。


本年は5月より新しい元号にて、新たな時代が始まります。

平成の時代、大きな変化を経験した黒川温泉ですが、改めて初心に戻り

「都市と対極にある、美しい里山の温泉地」を目指していこうと考えております。


当館・御客屋は江戸中期の創業後、長い年月

ここ黒川の地でお客様方をお迎えして参りました。


いつの時代になっても宿の灯りをともし続け、自然の最大の恵みである温泉や、里山の食、四季の風景など

黒川の地のチカラを体感いただける宿づくりにスタッフ一同で精進して参る所存です。


本年も変わらぬご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。


黒川温泉 歴史の宿御客屋旅館
七代目御客番 北里有紀


***************************************************

20181231_140622.jpg


「黒川温泉一旅館」

これは、私達が生活する黒川温泉の地域理念であり
黒川温泉全体が一つの旅館であるという考え方を表すことばです。

黒川温泉全体というのは、30軒ある宿だけでなく
温泉街の小道や美しい里山の風景、地域の方々、この地で働くわたしたち、そのすべてです。

このコンセプトが生まれたのは入湯手形が誕生したのちの1990年頃のことでした。


時代が流れ、自然災害も経験し、宿の当主も代々受け継がれてゆくなか
江戸中期の享保七年(1722年)に創業した御客屋旅館は、今年で297年目を迎えます。

先代が守ってきた当館の長い歴史の中で、皆様をおもてなしできる喜びを感じる日々です。


20190111_111058.jpg


さて、今季はまだ積雪もなく(夜間早朝はかなり冷え込みますが)比較的おだやかな天候です。
ただ、標高700mの黒川では急な天気の変化も予想されます。
天気予報をご確認いただき、車でお越しの皆様はスタッドレスタイヤやチェーンのご準備をお願い致します。

皆様にとって、健康で幸せな年になりますように(^^)


御客屋旅館スタッフ一同

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.okyakuya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/498

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページ先頭へ